ツイートの動画をiPhoneのカメラロールに保存する方法を紹介します!

みなさんは TwitterのTLにあるGIF動画等をダウンロードしたいと思ったことはありませんか? 可愛いペットの動画やハプニングのおもしろ動画等気になる動画がよくありますよね? そんな時に簡単にiPhoneでダウンロードできる方法を紹介します! と言ってもYoutubeの動画をダウンロードするのと同じで、iPhoneアプリのClipboxを使うだけなんですけどね。(^^; Clipbox 4.3.8分類: ユーティリティ,仕事効率化価格: 無料 (KGC) 使ってみる 基本的にはツイートや動画のURLをコピーして、Clipboxで開くだけですが、アプリによってはツイートや動画のURLのコピーがわかりにくいのもあるので説明します。 Twitter標準アプリの場合 このアプリからはツイートのURLコピーや動画のURLコピーができないようなので、一旦Safariを開きます。 もしコピーできるなら以下のURLコピーの部分は不要です。その場合はClipbox起動からご覧下さい。 ▼TLの動画を長押し(個別のツイートからでは出来ないようです) ▼共有からSafariで開きます ▼Safariの共有からコピーをタップ これで動画のURLがコピーされました。 あとはClipboxで動画をダウンロードします。 ▼Clipboxを立ち上げて、クリップ→ブラウザをタップ ▼アドレス欄にペーストして右下の赤枠をタップ ▼一旦再生して止めて、+をタップ ▼Are you ok?→Really?をタップ ▼ファイル名を入力してOKをタップすれば、Clipbox内に保存されるので「戻る」をタップ ▼マイコレクション→Actionsをタップ ▼保存したい動画を選択して、カメラロールをタップ ▼カメラロールに保存されるので、タップすれば再生されます。 featherの場合 ▼動画のリンクを長押しして、コピーをタップ featherはこれだけで動画のURLがコピーされます。 ▼あとは同様にすれば、カメラロールに保存できます。 SmartNews等に埋め込まれたツイートの動画の場合 ▼ツイートの動画を長押しして、コピーをタップ ▼Clipboxのクリップ→ブラウザのアドレス欄にペーストして、右下の赤枠をタップ ▼ツイートが表示されるので、一旦再生して止めて、下の+をタップ ▼「Are you ok?」「Really?」をタップ ▼ファイル名を入力してOKをタップ ▼保存されたので、あとは同様にしてカメラロールに保存して下さい。 最後に いかがでしょうか? これで気になったツイートの動画も簡単にダウンロードできます。(^^) ちなみにiOS10での確認なので、iOS11でも同様に出来るかは不明です。m(_ _)m 是非皆さんもお試し下さい。 紹介したアプリ Clipbox 4.3.8分類: ユーティリティ,仕事効率化価格: 無料 (KGC) Twitter 7.7.2分類: ニュース,ソーシャルネットワーキング価格: 無料 (Twitter, Inc.) feather for Twitter - 軽快なツイッターアプリ 3.9.0分類: ソーシャルネットワーキング,ライフスタイル価格: ¥360 (covelline, LLC.) スマートニュース - 朝1分のニュースが人生を変える 5.0.5分類: ニュース価格: 無料 (SmartNews, Inc.) happyChappy(@happyChappy1115)でした。 Sponsored Link Posted from するぷろ for iOS.

iPhoneでYoutubeからmp4動画をダウンロードできるPythonista3スクリプト「getYoutube」のWindowsPC版を作ってみた!

自宅のWindowsPCが 壊れて1年以上経ちますが、会社のPCがWindowsなので自宅のMacだけでは何かと不便でした。なので先日WindowsノートPCを買ってしまいました。 WindowsPCはソフトが沢山あるので、やっぱり便利だなぁと実感してます。(^^) この前WindowsPCでYoutubeを見ててダウンロードしたくなったんですが、ダウンロードできるフリーソフトってどれも怪しそうなのばっかり...(^^; そこで、先日のブログで紹介したPythonista3スクリプト「getYoutube」をWindowsPC用に移植してみたので紹介します。 移植内容 本スクリプトはPython ver3.6.1で確認してます。 Pythonista3では外部アプリから共有される時に、appexとclipboardというモジュールを使ってましたが、これはPythonista3用のようで普通のPythonでは使えませんでした。 なので、外部からの起動は諦めて、Youtubeのリンクをコピーして本スクリプトを起動したらリンクを取り込むように仕様変更してます。 その際にpyperclipというモジュールを使うようにしてます。 スクリプトのダウンロード 以下のリンクからスクリプトをダウンロードして下さい。 Dropbox - getYoutube4PC また、本スクリプトではpytube、pyperclipモジュールを使用しているので、お持ちじゃない方はpipでインストールして下さい。 コマンドプロンプトから pip install pytube pip install pyperclip とすればOKです。 それと、本スクリプトのバッチファイルを作ってランチャーに登録したり、ショートカットをデスクトップに保存しておくと起動しやすくて便利です。 テキストエディタで以下を入力して、「getYoutube4PC.bat」のようなファイル名にしてgetYoutube4PC.pyと同じ場所に保存して下さい。 @echo off cd /d %~dp0 python getYoutube4PC.py pause exit 使ってみる ▼ダウンロードしたいYoutubeのページの共有をクリック ▼コピーをクリック ▼バッチファイル起動(ここではランチャー(Claunch)に登録したバッチファイルをクリック)すると、 ▼爆速でダウンロードされます。 ▼ダウンロードされた動画はgetYoutube4PC.pyと同じ場所に作成されたDownloadフォルダ内に保存されてます。 ▼動画をダブルクリックすれば再生されます。 最後に いかがでしょうか? 怪しいフリーソフトをダウンロードしなくても、Pythonでしかも爆速でダウンロード出来るのでオススメです。 是非お試し下さい。(^^) 紹介したアプリ Pythonista 3 3.1分類: 仕事効率化,教育価格: ¥1,200 (omz:software) 「CLaunch」マウス・キーボードの片方のみで操作可能なボタン型アプリ起動ランチャー - 窓の杜ライブラリ happyChappy(@happyChappy1115)でした。 Sponsored Link Posted from するぷろ for iOS.

カメラロールに保存した動画を色んな音楽ファイルフォーマットに変換できるアプリを紹介します!

皆さんは Youtube等からダウンロードした動画をmp3等の音楽ファイルに変換したい時ってありませんか? 本ブログでも以前、Clipboxを使ってYoutubeからカメラロールにダウンロードして、Workflowを使ってm4aの音楽ファイルに変換してDropboxに保存する方法を紹介しました。 詳しくは以下の過去記事をご覧下さい。 Youtubeからダウンロードした動画を超簡単に音楽ファイルに変換してDropboxに保存するWorkflowレシピを紹介します! でも変換できる音楽ファイルフォーマットはm4aだけでした。他のフォーマットがいいという人もいるんじゃないでしょうか? そこで今回は、簡単に色んな音楽ファイルフォーマットに変換できるアプリ「音声抽出」を紹介します。 音声抽出 - 動画ファイルから音声ファイルを変換し抽出 1.4分類: ミュージック,ユーティリティ価格: 無料 (Xinggui Zhang) 変換できるフォーマット 変換元の動画フォーマットはmovとmp4であれば大丈夫そうです。多分iPhoneが扱えるフォーマット(mov,mp4,m4v,qt)なら大丈夫じゃないかと思いますが未確認です。 音楽フォーマットは以下の10種類に変換できます。 非圧縮フォーマット wav 主にWindowsで使われている標準音楽ファイルフォーマット。基本的にリニアPCMが格納される。 aiff Appleの標準音楽ファイルフォーマット。Apple用WAVという感じ。 可逆圧縮フォーマット flac エンコード・デコード速度、機能面に高い性能を誇るが、圧縮率は低い。 非可逆圧縮フォーマット mp3 最も一般的なフォーマット。音楽には適しているが、話し声には適していないとされている。 m4a MPEG-4音楽ファイルフォーマット。中身としては AAC が多いが、MP2/MP3 も使われることがある。 m4r MPEG-4着信音で、主にiPhoneで用いられる。AACがデフォルトの圧縮方式。最長40秒。 wma マイクロソフトが権利を保有するフォーマット。デジタル著作権管理機能が含まれている。 ogg Ogg Vorbis音楽ファイル。同ビットレートのmp3より高音質。 その他 adx ゲームソフト等に使われる音楽ファイルフォーマットらしい。 caf CoreAudioFileというAppleがiOS / Mac OS用に拡張した音楽ファイル形式。フォーマットというよりはコンテナに近いらしい。コンテナに圧縮してまとめてある。 カメラロールの動画を変換 ▼アプリを起動してビデオタブの左上の+をタップして、アルバムから入手するをタップ ▼カメラロールから変換したい動画をタップ ▼選択をタップすれば動画が取り込まれるので、「i」をタップ ▼声音抽出をタップして、変換したいフォーマットをタップすれば ▼音楽タブに保存されます。タップすれば再生されますが、「i」をタップして「シェア」をタップして ▼選択したフォーマットに対応したアプリをタップすれば、お好きなアプリで再生できます。 カメラロール以外からの動画インポート ▼PCとケーブル接続してiTunesから取り込めます。 ▼WiFi接続で同じネットワーク上のPCから転送しても取り込めます。 また、NAS上にある動画なら以前紹介したFileExplorerを使って一旦カメラロールに保存すれば、iPhoneだけでもOKです。 以下FileExplorerの使い方です。 ▼右上の編集をタップして、ファイルを選択してコピーをタップ ▼カメラロールをタップしてYESをタップ ▼カメラロールに保存されたので、あとは同様です。 その他 このアプリは動画→音楽フォーマット変換だけではなく、音楽ファイルをトリミング(必要部分をカット抽出)する機能もあります。 ▼トリミングしたいファイルの「i」をタップしてクリップをタップ ▼ピンチインアウトで拡大縮小、開始位置・終了位置のIIIをドラッグして範囲変更します。タップすればその位置から再生(赤線表示)されるので確認しながらトリミングして、OKなら完了をタップ ▼トリミングされて容量が減ったのが確認できます。 ※元ファイルがトリミングされて変更されるので、元ファイルを取っておきたい場合は、コピーしてから実行して下さい。 最後に いかがでしょうか? 結構簡単に色んな音楽ファイルに変換できるし、カット編集もできるし、いいと思います。 強いて挙げればビットレートも設定できると嬉しかったんですが、広告はあるけど無料でこれだけ出来れば十分だと思います。 広告が邪魔な方は有料版を検討してみては? 紹介したアプリ 音声抽出 - 動画ファイルから音声ファイルを変換し抽出 1.4分類: ミュージック,ユーティリティ価格: 無料 (Xinggui Zhang) 音声抽出Pro - 動画ファイルから音声ファイルを変換し抽出 1.2分類: ミュージック,ユーティリティ価格: ¥240 (Xinggui Zhang) FileExplorer - File Manager for Computer and NAS 6.1分類: 仕事効率化,ユーティリティ価格: 無料 (Skyjos Co., Ltd.) FileExplorer Pro - File ...

今日が給料日かどうかを判定するPythonスクリプトを作ってみた!

皆さんは 給料明細って、どうやってもらってますか? うちの会社は去年までは一人一人上司から明細書を手渡しでもらってたんですけど(給料は振込み)、今年からは会社HPにアクセスして各自がプリントアウトするようになりました。 プリントアウトしなくてもいいという人もいるみたいだから、会社としては紙代の節約になるのかなぁ? でもそうなると給料日(給料明細は給料日の前日)であることを忘れてしまうことがあるんですよ。(^^; そうするとプリントアウトを忘れたりすると、妻から「今日給料明細の日だったよね?」って指摘されて... なので忘れないように、会社のPCを立ち上げた時に給料明細の日だったら画面に給料明細日であることを表示するPythonスクリプトを作ってみました。 判定方法 うちの会社は、基本的に給料日は25日、給料明細はその前日の24日ですが、24日が会社の休日の場合はその前日、その日も休日なら更にその前日という感じになってます。 なので、会社の休日を判定する関数を作成し、今月の給料明細日が会社の休日に当たるか判断し、当たる場合はその前日はどうかというのを繰り返して当月の給料明細日を決定し、スクリプトを立ち上げた日が給料明細日の場合は画面に表示するようにしてます。 会社の休日判定 うちの会社は基本的に土日祝日が休みですが、これ以外に夏休みと冬休みがあるのと、年によっては土曜出勤が数回ある場合(土曜が休日ではなくなる)があります。 なので、その年の土日祝日のリストを取得して、別途設定した夏休みと冬休み等の休みを追加して、別途設定した土曜出勤日を土日祝日から削除して会社の休日リストを作成してます。 土日祝日のリスト 取得方法は色々あるようですが、APIを使うのは面倒くさかったので、jholiday.pyというモジュールを使ってます。 以下のサイト様が使い方も説明していてわかりやすいと思います。 202:休日を判定する このサイトのリンクからjholiday.pyをコピペしてもいいですが、以下のリンクからもダウンロードできます。どちらでもお好きな方で。 ダウンロードしたら、このモジュールをPythonista3のsite-packagesに保存して下さい。 Dropbox - jholiday ▼今回のスクリプトではjholidayで取得した土日祝日リストに、以下のようにplusリストで指定した日付を追加して、minusリストで指定した日付を削除するようにしてます。(今年は土曜出勤はないので空リストになってます) plusリスト、minusリストの書式 日付は「月/日」をシングルクォーテーション(')で囲って下さい。 連続する場合は開始日付と終了日付を空白を入れずにハイフン(-)で繋いでシングルクォーテーションで囲って下さい。 また、先程の例にあるように何の日か明記する場合は、日付の前に記載してコロン(:)で繋いでシングルクォーテーションで囲って下さい。 給料明細日の指定 payDayを設定します。 指定した日が休日の場合はその前日、それも休日なら更にその前日という感じで判定して、休日ではなくなった日を返します。 スクリプトのダウンロード 以下のリンクからスクリプトをダウンロードして下さい。 Dropbox - getHoliday 先程説明したようにplusリスト、minusリスト、payDayを指定して下さい。 PC立ち上げで自動起動設定 ▼WindowsPCの場合で説明します。 以下のような本スクリプトのバッチファイルを作成し、本スクリプトと同じところに置いて、バッチファイルのショートカットをスタートアップフォルダに入れて下さい。 @echo off cd /d %~dp0 python getHoliday.py pause exit 使ってみる ここではiPhoneの画面で説明しますが、PCも同様です。 今年の9月は24日が日曜なので、9月22日が給料明細の日になります。 ▼今日の日付が9/22として本スクリプトを立ちあげると、給料明細日であることが表示されます。 ▼ちなみに、Console画面には今年の会社の休日一覧が表示されます。祝日名や追加した休みが表示されてるのが確認できます。 最後に いかがでしょうか? 今回のスクリプトが必要な人がどれくらいいるか疑問ではありますが((^^;)、土日祝日を取得したり、そこから休日を追加・削除したりする部分は使い道があると思うので、お好きなように書き換えてお使い下さい。 ちなみに、今回スクリプトはいつものようにPythonista3で作ってて、最初は給料日の表示はuiモジュールのWebViewメソッドを使って以下のようにしてました。 ▼この場合だと以下のように表示されます。 でも、uiモジュールってPython3に標準であると思ったらないんですね。完全にPythonista3用に作られてるようで、どこを探しても見当たりませんでした。(T_T) HTMLの記述を簡単にWebページに表示するモジュールも無さそうでした。 なので、今回のスクリプトは会社のPCで使う前提なので、仕方なく以前GitHubに作ったプレビュー用HTMLにデータを渡す形にしました。(^^; でも、これで給料明細日を忘れることがなくなるので、ホッとしてます。(^^) 皆さんも使ってみて下さい。 紹介したアプリ Pythonista 3 3.1分類: 仕事効率化,教育価格: ¥1,200 (omz:software) happyChappy(@happyChappy1115)でした。 Sponsored Link Posted from するぷろ for iOS.

選択した文章を9か国語同時翻訳するPythonスクリプト(Microsoft Translator API使用)をPythonista3で作ってみた!

私は仕事上 特許を読むことがよくあって、殆どはJP(日本の特許)とUSP(アメリカの特許)なんですが、たまにDP(ドイツの特許)やその他の国の特許を読まないといけない時があります。 DPのような場合は日本語に翻訳するだけではなく、英語にも翻訳した方が理解しやすいので日本語と英語の両方に翻訳したりします。 そういう時は一気に翻訳できた方がいいので、今回同時翻訳するPythonスクリプトを作ってみました。 私がよく使ってるGoogle翻訳にURLスキームで文章を渡して翻訳させても良かったかもしれませんが、いくつもSafariのタブを開いてタブ間を行き来することになるのが面倒くさかったのと、何よりGoogle翻訳で1度あまりにもトンチンカンな誤訳があったので、Microsoft TranslatorのAPIを使って翻訳しようと思いました。 ▼トンチンカンな誤訳です(^^; 何がどうなったらこうなるのか不思議です。(^^; 日本語に翻訳してるはずなのに、所々変な(ハングル)文字が入ってる...(T_T) ▼Microsoft Translatorだとまともです。(^^) ということでMicrosoft Translator APIを使ったPythonista3のスクリプト「MultiTranslator」を紹介します。 スクリプトのダウンロード 以下のリンクからスクリプトをダウンロードして、以前説明した方法でスクリプトをインポートしてショートカットを設定して下さい。 Dropbox - MultiTranslator スクリプトのカスタマイズ 本スクリプトではMicrosoft Translator APIが必要です。 以下のサイト様が詳しく説明されてるので、参考にしてACCESS_KEYを取得して下さい。 Visual Studio 2017からPythonで翻訳(Microsoft Translator Text API) - Qiita 尚、上記サイトのプロジェクト作成以降はPythonista3では不要で、ACCESS_KEYの取得までで結構です。 ▼取得できたら本スクリプトの以下の部分を書き換えて下さい。 また、本スクリプトではmstranslatorというモジュールを使用してます。Pythonista3にStaShをまだ入れてない方は以下のブログ様の「StaShのインストール」を参考にインストールして、StaSh上で「pip install mstranslator」を実行してmstranslatorをインポートして下さい。 Pythonista 3にシェル、Dropbox同期・ダウンロード機能などAppleが許さない機能を追加する 使ってみる ▼翻訳したい箇所を選択して「共有」をタップ ▼Run Pythonista ScriptをタップしてMultiTranslatorをタップ ▼翻訳したい言語番号を入力。複数ある場合は以下のように半角スペース区切りで入力。ここでは日本語、ドイツ語、韓国語に翻訳してみます。 ▼翻訳されました。 最後に いかがでしょうか? お手軽に複数の言語に翻訳できて便利だと思います。 尚、翻訳したい箇所を選択しても「共有」が出てこないアプリの場合は、選択箇所を「コピー」して本スクリプトを立ち上げて実行しても動作します。 皆さんもお試し下さい。(^^) 紹介したアプリ Pythonista 3 3.1分類: 仕事効率化,教育価格: ¥1,200 (omz:software) happyChappy(@happyChappy1115)でした。 Sponsored Link Posted from するぷろ for iOS.