ツイートURLからユーザーアカウントを取得してリスト化し、リストからエディタにリンクを貼る2つのスクリプトをPythonista3で作ってみた!

ブログで 他の方のブログを紹介する時に、ブロガーさんのTwitterアカウントのリンクを付けることがよくあると思います。 その時に、わざわざユーザー名とアカウントを調べてリンクを作るのは面倒くさいですよね? そこで今回、ツイートURLのコピーからユーザー名とアカウントを取得してリスト化するスクリプト(getTwAccount.py)と、作ったアカウントリストからエディタにリンクを貼るスクリプト(twAccountLink.py)をPythonista3で作ったので紹介します。 スクリプトのダウンロード 以下のリンクからスクリプトをダウンロードして、以前説明した方法でスクリプトをインポートして下さい。 Dropbox - getTwAccount Dropbox - twAccountLink スクリプトのカスタマイズ ▼twAccountLink.pyの以下の赤枠部分がカスタマイズ可能です。 urlSchemeはTextwellのURLスキームになってますので、お使いのエディタのURLスキームに変更して下さい。 また、linkTextはエディタに貼るリンクになってますので、お好きなように変更して下さい。 0はユーザー名、1はリンク、2はアカウント名で、私の場合だと以下のようになります。 happyChappyさん (@happychappy1115) 使ってみる getTwAccount.py ツイートのURLをコピーして、本スクリプトを立ち上げます。 ここではTwitterアプリ「feather」の場合で説明しますが、お使いのTwitterアプリでツイートのURLをコピーして下さい。 ※ツイートのコピーではなく、ツイートのURLのコピーなので、注意して下さい。 ▼リスト化したい人のツイートのURLをコピー ▼getTwAccount.pyを立ち上げて、右上の実行ボタンをタップすると ▼ユーザー名:アカウント名形式でリスト化されます。 ▼リストは本スクリプトと同じフォルダにtwitterAccount.txtというファイル名で保存されてます。 ▼同様にしてリスト化していくと、twitterAccount.txtは以下のようになります。 ▼ちなみに、既にリスト化した人を間違って再度登録しようとしても、2重に登録されることはありません。 twAccountLink.py ▼本スクリプトを立ち上げて、右上の実行ボタンをタップ ▼リストが読み込まれるので、リンクを作りたい番号を入力すると ▼リンクがエディタに貼られます。 ▼ちなみに番号ではなく、ユーザー名を入力しても大丈夫です。 ▼この場合もリンクがエディタに貼られます。 最後に いかがでしょうか? 結構お手軽にアカウントを取得できるし、エディタにも簡単に貼れるし、便利だと思います。 皆さんもお試し下さい。(^^) 紹介したアプリ Pythonista 3 3.1分類: 仕事効率化,教育価格: ¥1,200 (omz:software) happyChappy(@happyChappy1115)でした。 Sponsored Link Posted from するぷろ for iOS.

(追記あり)Pythonista3の任意のフォルダにある複数のファイルをNAS等に転送するPythonスクリプトを作ってみた!

追記 2017/8/13 今までは圧縮転送を選択した時に、指定したフォルダの中にフォルダがあっても無視してファイルだけをまとめて圧縮してましたが、フォルダ構造を維持して全て圧縮するように変更しました。 また圧縮ファイル名は「フォルダ名_日付.zip」になるように変更しました。 ダウンロード元のスクリプトを差し替えたので、お手数ですが再度ダウンロードをお願いします。 詳細は本文下の追記の説明をご覧下さい。 先日のブログ で紹介したPythonスクリプト「getYoutube」を使ってYoutube動画をバンバンiPhoneにダウンロードしてたら、Pythonista3のフォルダが動画でいっぱいになってしまいました。 なので、NASに全部転送しようと思ったけど、面倒くさいんですよねぇ。(^^; 1個1個転送するとしたらこんな手順になります。 ▼転送したいファイルがあるフォルダに移動してファイルを選択して ▼OpenInをタップ ▼NASに転送するアプリ(ここではFileExplorer)をタップ ▼NASのフォルダを選択して保存をタップ ▼保存が終わってアプリを閉じるとPythonista3に戻るので、左上のボタンでフォルダに戻って ▼転送したファイルを削除 これを全ファイルに対して繰り返すことになります。(><) そこで今回、Pythonista3のフォルダにある複数のファイルをNAS等に転送するPythonスクリプトを作ってみました。 転送先でzipの解凍が出来るならzip圧縮でまとめて一括転送することも出来ます。 解凍出来ないなら、連続でOpenInを起動して転送することも出来ます。 それでも、1個1個ファイルを選択して転送するよりは手間が省けてるんじゃないかと思います。 スクリプトのダウンロード 以下のリンクからスクリプトをダウンロードして、以前説明した方法でスクリプトをインポートして下さい。 Dropbox - sendFile 使ってみる ▼本スクリプトは右上の実行ボタンをタップすると起動します。 ▼最初は本スクリプトがあるフォルダとその中のフォルダやファイルが表示されます。フォルダは[〜]で囲まれてます。 フォルダに移動 UNIXのcd(ChangeDirectory)コマンドのような感じで移動できます。 「..」現在の親フォルダに移動 「../〜」親フォルダにあるフォルダに移動 「〜」指定フォルダに移動 「〜/〜/〜...」子フォルダ、孫フォルダ...に移動 「.」現在のフォルダとその内容を表示 フォルダ名は[〜]で囲まれててもOKです。 ▼ここではYoutubeフォルダに移動してみます。フォルダ名をコピーして、下の入力欄にペーストすると ▼Youtubeフォルダに移動して、内容が表示されます。同様にしてDownloadフォルダに移動すると ▼このフォルダのファイルを転送したいので、Enterを入力 ファイル連続転送 ▼全ファイル転送したいので、Enterを入力する。(1ファイルだけなら、ファイル名をコピペして下さい。) ▼圧縮せずに1個1個連続転送する場合は、1を入力 ▼転送するファイル名が表示されるので、OKならOKをタップ。転送したくない場合はNextをタップすれば次のファイルにスキップします。 ▼転送に使うアプリをタップ ▼NASのフォルダを選択して保存をタップ ▼保存が終わってアプリを閉じると、次のファイル転送画面になるので、同様に繰り返します。 ▼全ての転送が終わると、転送したファイルを削除するか聞いてくるので、削除する場合はyを入力。削除したくない場合はnを入力。 ▼削除した場合は、全て削除されてるのが確認できます。 尚、Nextをタップしてスキップしたファイルは削除されませんが、1度OpenInの共有シートを立ち上げた後キャンセルしたファイルは、転送してないにも関わらず転送扱いになるので、削除リストに上がってしまいます。 一括削除する場合はご注意下さい。 ファイル圧縮一括転送 追記 2017/8/13 ファイル圧縮一括転送の部分を差し替えました。 ▼Youtube/Downloadフォルダに以下の2つのフォルダがあって、それぞれにYoutubeからダウンロードした動画があります。 ▼本スクリプトで2つのフォルダが入ったDownloadフォルダを指定して ▼このフォルダを転送したいのでEnterを入力して、全ファイルを転送するので再度Enterを入力 ▼圧縮するので、0を入力すると ▼共有シートが立ち上がるので転送先のアプリを選択 ▼FileExplorerの場合は一旦Localを選択して(NASに直接保存は出来ないので)、FileExplorerの保存先フォルダ(Downloadsフォルダ)を選択して保存すると ▼即ダウンロードされます。 ▼アプリを閉じるとPythonista3に戻るので、削除するならyを入力、残したいならnを入力。 ▼ちなみにFileExplorerで圧縮ファイルをタップして「書庫を展開」をタップすると ▼即解凍されるので、フォルダをタップすると ▼Downloadフォルダの下に2つのフォルダがあって、それぞれのフォルダにファイルがあるのが確認できます。 ▼NASにコピーするには、フォルダやファイルを選択して、「にコピー」をタップして保存先に保存すればOKです。 ▼保存されました。 最後に いかがでしょうか? Pythonista3に保存された多数のファイルも、これで比較的簡単にバックアップが取れるようになったと思います。 皆さんもお試し下さい。(^^) 紹介したアプリ FileExplorer Pro - File Manager for Computer, NAS 6.1 分類: ユーティリティ,ビジネス 価格: ¥600 (Skyjos Co., Ltd.) Pythonista 3 3.1 分類: 仕事効率化,教育 価格: ¥1,200 (omz:software) happyChappy(@happyChappy1115)でした。 Sponsored Link Posted from するぷろ for iOS.

Youtubeからmp4動画をダウンロードするPythonスクリプト「getYoutube」を作ってみた!

みなさんは Youtubeから動画をダウンロードしたい時どうしてますか? 私はClipboxというアプリを使ってました。 Clipbox 4.3.8分類: ユーティリティ,仕事効率化価格: 無料 (KGC) このアプリいいんですけど、Youtubeからダウンロードする時はチョット(かなり?)手間なんですよね。(^^; Youtube見ててDLしたいと思ったら、共有→URLをコピー→Clipboxを立ち上げて→ブラウザを選択して→ペースト→1度動画を再生→停止→+をタップ→Are you ok?をタップ→really?をタップ→ダイアログでOKをタップでやっとダウンロードされます。ざっと11アクションです! 面倒くさかったのでPythonでダウンロードできるスクリプトを作ってみました。 スクリプトのダウンロード 以下のリンクからスクリプトをダウンロードして、以前説明した方法でスクリプトをインポートしてショートカットを設定して下さい。 Dropbox - getYoutube また、本スクリプトではpytubeというモジュールを使用してます。Pythonista3にStaShをまだ入れてない方は以下のブログの「StaShのインストール」を参考にインストールして、StaSh上で「pip install pytube」を実行してpytubeをインポートして下さい。 Pythonista 3にシェル、Dropbox同期・ダウンロード機能などAppleが許さない機能を追加する 使ってみる ▼見ているYoutubeの共有をタップ ▼右にある「その他」をタップ ▼RunPythonistaScriptをタップして、getYoutubeをタップすると ▼動画のファイル名が表示されて、しばらくすると「ダウンロードしました」と表示されます。 ▼すると、getYoutubeと同じところに「Download」フォルダが作成されて、その中に動画が保存されてるのが確認できます。 ▼そのファイルをタップして、QuickLookをタップすれば再生できます。 ▼また、OpenInをタップして、お好きなプレイヤーをタップすれば ▼再生されます。 ▼ちなみに、Web上で見つけたYoutubeリンクアドレスも、選択して「共有」をタップして ▼RunPythonistaScriptをタップして、getYoutubeをタップすればダウンロードできます。 ▼ダウンロードできるmp4動画のビットレートが複数ある場合は、以下のように選択画面になります。DLしたい番号を入力すればダウンロードされます。 ▼但し、本スクリプトはDownloadフォルダに同名ファイルがあると、ビットレートが異なっててもダウンロードしません。ご注意ください。 ※どうしてもダウンロードしたい場合は、Downloadフォルダのファイルを違うところに移動して下さい。 最後に いかがでしょうか? 4アクション程でダウンロードできるようになったので、かなり便利になったと思います。 結構爆速でダウンロード出来るし、皆さんも是非お試し下さい。(^^) ※尚、本スクリプトはmp4動画しか対応してません。 紹介したアプリ Clipbox 4.3.8分類: ユーティリティ,仕事効率化価格: 無料 (KGC) Pythonista 3 3.1分類: 仕事効率化,教育価格: ¥1,200 (omz:software) happyChappy(@happyChappy1115)でした。 Sponsored Link Posted from するぷろ for iOS.

いつの間にかTextwellのGyazoアクションが動かなくなったので、Gyazoから画像のリンクを貼るPythonスクリプトを作ってみた!

Gyazo ってサービスを知ってますか? 私はTextwellで書いたブログに画像を貼るのに、以前はPickportってアプリを使ってたんですが、去年の2月頃から使えなくなってたので、Textwellアクションでお馴染みのjazzzzさん (@jazzzz2012)のアクションGyazoを便利に使わせて頂いてました。 この辺のことは過去記事をご覧ください。 最近なぜかPicportが使えなくなったので、Gyazoに乗り換えてみた。 でも、そのGyazoアクションも今日使おうとしたら動かなくなってました。 ▼具体的には以下のように画像リンクを取得出来なくなりました。 Gyazo側の仕様が変わったのかもしれないと思って、Gyazoアクションを修正しようとしましたが私の手におえませんでした。(^^; そこで今回TextwellからはGyazoを立ち上げるだけにして、リンクはPythonで取得してTextwellにペーストするようにしました。 スクリプトのダウンロード 以下のリンクからスクリプトをダウンロードして、以前説明した方法でスクリプトをPythonista3にインポートしてショートカットを作成して下さい。 Dropbox - GyazoLink また、Gyazoのページを開くTextwellアクションを以下からインポートして下さい。 Import Textwell ActionGyazoOpen 使ってみる ▼画像を挿入したいところでTextwellアクションGyazoOpenを起動 ▼Gyazoが開くので、挿入したい画像を選択して下の共有をタップ ▼RunPythonistaScriptをタップして、GyazoLinkをタップ ▼Textwellに画像リンクが挿入されます。 ▼プレビューで確認すると、ちゃんと挿入されてるのが確認できます。 最後に いかがでしょうか? Pythonista3を持ってる人しか使えませんが、これでまたGyazoが使えるようになります。 是非使ってみて下さい。(^^) 紹介したアプリ Textwell 1.7.1分類: 仕事効率化,ユーティリティ価格: ¥360 (Sociomedia) Pythonista 3 3.1分類: 仕事効率化,教育価格: ¥1,200 (omz:software) happyChappy(@happyChappy1115)でした。 Sponsored Link Posted from するぷろ for iOS.

カメラロールの画像を任意の矩形にカットするPythonスクリプト「ImageCutter」を紹介します!

皆さんは カメラロールの画像をカットする時、どんなアプリを使ってますか? 私はPhotoCutというアプリをよく使ってます。 合成写真 PhotoCut-自動切り抜きして写真を合成できる画像加工アプリ 2.1.3分類: 写真/ビデオ,エンターテインメント価格: ¥120 (Kousuke Araki) このアプリは使いやすくて好きなんですが、カットできるサイズに制限があるんです。(><) この他にもカットできるアプリを使ってみましたが、どれもカットサイズに制限があって何だかなぁって思ってました。 そこで今回画像を任意サイズにカットできるPythonスクリプトを作ってみました。 スクリプトのダウンロード 以下のリンクからスクリプトをダウンロードして、先日紹介した方法でPythonista3にインポートしてショートカットを作って下さい。 Dropbox - ImageCutter スクリプトのカスタマイズ 本スクリプトは切り出す画像枠を表示しますが、その枠の線幅が指定できます。 デフォルトは5画素です。私はこのくらいでいいかなと思いますが、変更したい方は以下の赤枠の数値を変更して下さい。 使ってみる ▼本スクリプトの右上の実行ボタンをタップ ▼カメラロールから画像を選択 ▼画像サイズが表示されて、補助線の色指定を聞いてきます。r=赤、g=緑、b=青、w=白、k=黒です。選択した画像に応じて見やすい色にして下さい。ここでは赤にします。 ▼カットするtopのY座標を指定します。ここでは1000にしたとします。 ▼キーボードを下ろして画像を確認すると、ちょっと下過ぎました。 ▼NGだったので、nを入力 ▼再度top位置を設定して確認すると ▼問題ないので、yを入力 ▼続いて同様にしてbottomを設定 ▼同様にleft設定 ▼同様にright設定 ▼設定値が表示されて、切り出すか聞いてくるので、yを入力 ▼切り出されて表示される。 ▼保存するファイル名(拡張子も必要です)を入力 ▼保存されれば、終了と表示されます。 ▼ImageCutterと同じフォルダに切り出した画像が保存されてます。 ▼タップして、QuickLookをタップすれば確認できます。また、OpenInをタップすれば他のアプリに渡すこともできます。 最後に いかがでしょうか? 専用アプリと比べると操作性がイマイチかもしれませんが、かなり小さな画像を切り出すことも出来るし、便利だと思います。 皆さんも是非お使い下さい。(^^) 紹介したアプリ Pythonista 3 3.1分類: 仕事効率化,教育価格: ¥1,200 (omz:software) happyChappy(@happyChappy1115)でした。 Sponsored Link Posted from するぷろ for iOS.