TweetだけでなくLINEやメールでも曲をシェアできるようにした「SongTweet via MyScripts」最新版を紹介します!

前回 ▼WorkflowとMyScriptsの連携でこういうプレビュー画面から ▼このように簡単に ツイートできるWorkflowレシピとMyScriptsスクリプトを紹介しました。 詳細は以下のブログをご覧下さい。 MyScriptsとの連携でWorkflowレシピ「SongTweet」の曲選択が簡単になったので紹介します!(おまけ機能もあります) でもTwitterやブログは不特定多数の人に曲を紹介するのには向いてるけど、特定の知り合いに紹介するには不向きですよね? そこでLINEやメールでも送れるようにしてみました。(^^) Workflowレシピ これは前回から変更はありません。 前回インポートした方は不要です。 初めての方は以下のリンクからインポートして下さい。 SongTweet via MyScriptsGET WORKFLOW MyScriptsスクリプト 前回と同じスクリプト名ですが、以下のリンクからインポートして前回のスクリプトは削除下さい。 Import ScriptSongTweet from WF ※尚、前回カスタマイズされた方はお手数ですが、再度同じカスタマイズをお願いします。 初めての方は前回のブログを参考にカスタマイズして下さい。 使ってみる 今聴いてる曲や、曲名をコピーしたのをツイートしたりブログに挿入するのは前回のブログで紹介したのと同じなので、ここでは「今聴いてる曲をLINEに送る場合」と「曲名をコピーしてメールに送る場合」を紹介します。 今聴いてる曲をLINEに送る ▼曲再生中に ▼通知センター等から「SongTweet via MyScripts」を起動 ▼紹介したい曲の[[LINE]]をタップ ▼送りたい人を選択して送信をタップ ▼メッセージとして送信をタップ ▼LINEで送信できました。 ▼リンクをタップすれば、iTunesが立ち上がるので試聴や購入が可能です。 曲名をコピーしてメールに送る iPhone標準のミュージックアプリ以外のミュージック系アプリ(例えばMusicPod。MusicPodに関しては過去記事をご覧下さい。)の場合は、1度ツイート画面をコピーすると本レシピが使えます。 ▼MusicPodで曲を聴いている時にアクションボタンをタップ ▼Twitterで共有をタップ ▼曲名とアーティスト名を選択してコピー ▼通知センター等から「SongTweet via MyScripts」を起動すると ▼検索画面が立ち上がるので、検索したいワードを選択してiTunesリンク生成をタップ ▼検索されるので、シェアしたい曲のMAILをタップすると ▼件名が曲名でメールが立ち上がるので、アドレスを入力して送信して下さい。 ▼届いたメールは以下のようになります。 iTunesリンクをタップすればiTunesStoreが立ち上がるので試聴や購入が可能です。 imageリンクをタップすると ▼Safariが立ち上がってアートワークが確認できます。 最後に いかがでしょうか? これで、友人や家族などの身近な人にもシェアできるので、結構便利になったと思います。 みなさんもお試し下さい。(^^) 紹介したアプリ Workflow: Powerful Automation Made Simple 1.5.1 分類: 仕事効率化,ユーティリティ 価格: ¥360 (DeskConnect, Inc.) MyScripts 2.5 分類: 仕事効率化,ユーティリティ 価格: ¥360 (Takeyoshi Nakayama) MyScriptsは10個までの登録制限がある無料版もあります。 MyScripts LE 2.5 分類: 仕事効率化,ユーティリティ 価格: 無料 (Takeyoshi Nakayama) MusicPod -完全無料の音楽アプリ- 1.4.2 分類: ミュージック,ライフスタイル 価格: 無料 (EISUKE SUZUKI) happyChappy(@happyChappy1115)でした。 Sponsored Link Posted from するぷろ for iOS.

[Tips]iPhoneメールの着信音を変えたのに変更されない時の対処方法

先日妻が「iPhoneメールの着信音を変えたのに変更されない!変更できるようにしてよ!」って(ちょっと高圧的に)言ってきたので、「そんな簡単なこともできないのか!まったく!(>o<)」とは口が裂けても言えず、「どれ。見せてみて。(^^)」と優しい口調で軽い気持ちで見てみました。(^^;; メール着信音だから「設定→サウンド→新着メール」を変えればいいんでしょ?と思って見たら、ちゃんと変更されてました。 ▼この部分です この部分を色々変えても着信音が変わらないんです。(T_T) でもその他の設定を調べてたら、他にも着信音を変える設定があったんです! ▼設定→通知→メール→サウンドのこの部分です これと先程の新着メールの音を同じ設定にすると無事変更できました。ヽ(^0^)ノ 結局着信音の設定は2つで、以下の違いがあることがわかりました。 設定→サウンドメールを前面にしている時の着信音 設定→通知メールを立ち上げてないか、バックグラウンドにある時の着信音 これって、わかりにくいですよね? わかってしまえば何てことないんですけど、結構時間が掛かってしまいました。(^^;; 同じ現象で悩んでる方の参考になれば嬉しいです。(^^) happyChappy(@happyChappy1115)でした。 Sponsored Link Posted from するぷろ for iOS.

140文字以上でも連続ツイートできるWorkflowレシピ「LongTweet」を作ってみたので紹介します。

140文字以上のツイートって みなさんはどうしてますか? 普段のつぶやきだと140文字あれば十分なんですが、URLや画像リンクを貼ったりして、極たま〜に140文字では足らなくなることってありませんか? Twitterの仕様変更で140文字以上でもツイートできるようになるという話もありますが、今はまだ対応してませんよね? 140文字を超える長いツイートができる「twishort」というWebサービスもあるようですが私は使ったことがありません。(^^;; ちなみに「twishort」については以下のブログで紹介されてますので参考にして下さい。 ツイッターで140文字以上ツイートできるサービス「twishort」の使い方! で、私は今までどうしてたかと言うと、140文字を超えそうになったらキリがいいところで「(続く)」と書いてツイートして、2通目は「(続き)」と書いて続きをツイートしてました。 面倒くさい!(^^;; ということで、140文字というのを気にせずに書いて、140文字を超えてた場合は自動で分割して連続ツイートするWorkflowレシピ「LongTweet」を作ってみました。 あ、でも2ツイートまでしか対応してないので悪しからず。(^^;; Workflowレシピのインポート 以下のリンクからレシピをインポートして下さい。 LongTweetGET WORKFLOW また、このレシピはTextwellで書いたテキストの入力にも対応してます。 以下のリンクからTextwellにスクリプトをインポートして下さい。 Import Textwell ActionLongTweet レシピのカスタマイズ URLスキーム▼本レシピでは、Twitterアプリ「feather」用のURLスキームになってるので、レシピの最初の方にある以下の部分をお使いのTwitterアプリのURLスキームに変更して下さい。 ちなみに①は1通目投稿用で、callbackでWorkflowに戻るURLスキームです。 ②は通常のURLスキームにして下さい。 ※feather以外の場合、通常のURLスキーム②がA:///Bのタイプ(/が3本)であれば対応できると思います。(未確認です) その場合、①はA://x-callback-url/Bという形にして下さい。 ちなみに標準のTwitterアプリの場合は、A://Bという形式(/が2本)だったのでうまく動作しませんでした。 分割表示文字指定▼分割した時の1通目の終わりの文字①と2通目の最初の文字②を指定して下さい。 使ってみる 本レシピは単体で起動すると以下のような入力が立ち上がる以外はTextwellから起動する場合と同じなので、ここではTextwellで入力した内容をツイートする方法を紹介します。 ▼Textwellでツイートを入力して「LongTweet」 を起動(1度も起動していない時は左上のアクションボタンから起動して下さい。) ▼画像を添付するか聞いてくるのでお好きな方で。ここでは添付ありにします。 ▼ツイートが分割されてfeatherが立ち上がるのでそのままツイートして下さい。ちなみに1通目は丁度140文字だったので、文字残数は0になってるのがわかります。 ▼ツイート後、左上の「Workflowに戻る」をタップ ▼自動で2通目のfeatherが立ち上がります。添付ありにしてたので、お好きな画像を4枚まで添付して投稿して下さい。(添付せずに投稿しても問題はありません) ▼投稿内容を確認すると、ちゃんと分割されて投稿されてるのがわかります。 LongTweetの仕様 今後拡張するかも知れませんが、現在の仕様は以下の通りです。 280文字を超える場合は判定してないので、280文字以内(*)になるようにして下さい。URLはツイートすると文字数が23に短縮されるのでURLがあるか判定してますが、1個までしか判定してないので2個以上は対応してません。なるべく1通目が140文字になるようにしますが、分割位置がURLにかかる場合はURLの前までを1通目にします。画像添付の場合は4個までならリンクの文字数は23(空白含めて24)と判定してます。 (*)ツイートできる文字数は分割表示文字①②の文字数によります。 最後に いかがでしょうか? 140文字を超えてツイートすることって滅多にありませんが、長くなりそうかな?って時に是非使って見て下さい。(^^) 紹介したアプリ Workflow: Powerful Automation Made Simple 1.5.1 分類: 仕事効率化,ユーティリティ 価格: ¥360 (DeskConnect, Inc.) feather for Twitter - 軽快なツイッターアプリ 3.3.1 分類: ソーシャルネットワーキング,ライフスタイル 価格: ¥360 (covelline, LLC.) happyChappy(@happyChappy1115)でした。 Sponsored Link Posted from するぷろ for iOS.

MyScriptsとの連携でWorkflowレシピ「SongTweet」の曲選択が簡単になったので紹介します!(おまけ機能もあります)

はじめに みなさんはWorkflowレシピ「SongTweet」って使ったことありますか? iPhoneで聴いてる曲を、アートワークとiTunesStoreのリンク付きでツイートできるレシピです。 ▼こんな感じでツイートできます。(以下はfeatherのツイート例) 詳しくは以下の過去記事をご覧下さい。 みんなのナウプレ(NowPlaying)を試聴して、知らなかった名曲を発見してみよう!WorkflowのiTunesStoreリンク付きツイート「SongTweet(完成版)」を紹介します! 改善したかったところ 便利に使ってたんですが、不満なところもありました。 いくつか候補の曲がある時は、選べるようにリスト表示するんですが、アートワークが表示されないのでどれを選んだらいいか迷っちゃうんですよね。(^^;; ▼こんな感じです。 そこで今回はMyScriptsと連携して、アートワーク付きでリスト表示できるようにしてみました。 ついでに、おまけ機能も付けてみました。(^^) 変更点 曲の候補をMyScriptsでアートワーク付きリスト表示するようにしたリスト表示からiTunesStoreを開くだけでなく、ツイートしたりTextwellへインポートできるようにした聴いている曲だけでなく、コピーした曲情報もリスト表示するようにした Workflowレシピのインポート 以下のリンクからレシピをインポートして下さい。 SongTweet via MyScriptsGET WORKFLOW MyScriptsスクリプトのインポート 以下のリンクからスクリプトをインポートして下さい。 Import ScriptSongTweet from WF スクリプトのカスタマイズ ▼スクリプトの以下の赤枠部分がカスタマイズ可能な部分です。 limit:リスト表示の上限数color〜border:表示の見た目の色。色々変えてみて下さい。at(青枠):iTunesアフィリエイトID。私のIDになってるので、ご自分のIDに変更して下さい。TweetScheme:ツイッターのURLスキーム。featherのURLスキームになってるので、お使いのツイッターアプリのURLスキームに変更して下さい。BlogScheme:TextwellのURLスキームになってるので、お使いのメモアプリのURLスキームに変更して下さい。 ちなみにツイッター標準アプリのURLスキームは twitter://post?message= になります。標準アプリをお使いの方はこのURLスキームに変更して下さい。 使ってみる [曲を再生している時] ▼曲の再生中にWorkflowレシピ「SongTweet via MyScripts」を実行 ▼MyScriptsが立ち上がって、アートワーク付きでリスト表示されました。 iTunesStoreで試聴したい場合 ▼アートワークか曲名をタップすればiTunesStoreが立ち上がるので、試聴や購入が可能です。 曲をツイートしたい場合 ▼[[Tweet]]をタップすれば、アートワークとiTunesStoreのリンク付きでツイートされます。 ブログに紹介リンクを挿入したい場合 ▼[[Blog]]をタップすれば、ブログ記事に挿入されます。 [曲情報をコピーした時] 過去記事で紹介したMyScriptsスクリプト「Tweet2iTunesII」と同じ機能も使えるようにしました。 Tweet2iTunesIIに関しては以下を参考にして下さい。 ナウプレ(Nowplaying)からiTunesStoreを検索するMyScripts「Tweet2iTunes」をちょこっと改造してみたら、いい感じになったので紹介します! Tweet2iTunesIIと違うのは、Tweet2iTunesIIは検索後iTunesStoreを開けるだけだったのに対して、ツイートやブログ挿入もできるようになった点です。 なので、持ってない曲でも例えば「海の声 - 浦島太郎 (桐谷健太)」等をコピーして ▼Workflowレシピ「SongTweet via MyScripts」を実行すれば、以下のようなリストが立ち上がります。 ▼検索に不要な「-」等があるので、検索したいワードを選択して「iTunesリンク生成」をタップすれば ▼アートワーク付きでリスト表示されるので、例えば[[Tweet]]をタップすれば ▼アートワークとiTunesStoreリンク付きでツイートできます。 最後に いかがでしょうか? アートワーク付きで表示されるので、私の不満が解消されました。(^^;; それにブログ挿入にも対応したので、例えばMusicHTML等で紹介したい曲をわざわざ入力して検索して...という作業もなくなり、曲を再生すればブログ挿入できるので便利になったと思います。 ぜひ使ってみて下さい。 ちなみに今回紹介した曲は、X JAPANのSilent Jealousyと、auのCMでお馴染みの浦島太郎 (桐谷健太)の海の声になります。 気になる方は以下から試聴してみて下さい。 Silent Jealousy Album: Jealousy REMASTERED EDITION Artist: X 海の声 Album: 海の声 - Single Artist: 浦島太郎 (桐谷健太) 紹介したアプリ Workflow: Powerful Automation Made Simple 1.5.1 分類: 仕事効率化,ユーティリティ 価格: ¥360 (DeskConnect, Inc.) MyScripts 2.5 分類: 仕事効率化,ユーティリティ 価格: ¥360 (Takeyoshi Nakayama) MyScriptsは、登録できるスクリプトが10個までに制限された無料版もあります。 MyScripts LE 2.5 分類: 仕事効率化,ユーティリティ 価格: 無料 (Takeyoshi Nakayama) Textwell 1.5.4 分類: 仕事効率化,ユーティリティ 価格: ¥360 (Sociomedia) happyChappy(@happyChappy1115)でした。 Sponsored Link Posted from ...

slooProImg_20160511212526.jpg

Handyflowyの好きなトピックにタイトル付きURL等を投稿できるWorkflowレシピを作ってみたので紹介します。

slooProImg_20160511212526.jpg

みなさんはHandyflowyって使ってますか? 私はほとんど、直接Handyflowyを立ち上げて、そのまま新規に書いたり、追記したりって使い方なんですが、たまにURLを貼りたい時があります。 でも、その時はタイトルもあった方がいいので、URLを貼る時は自動でタイトルを取得して貼れるWorkflowレシピを作ってみました。 ついでに、その際に投稿するトピックも選べるようにしました。 Workflowレシピのインポート以下のリンクからレシピをインポートして下さい。 Send to HandyflowyGET WORKFLOW レシピのカスタマイズ▼レシピの最初の方にある以下の部分をご自分のトピック名とトピックIDに変更して下さい。形式は トピック名1:トピックID1 トピック名2:トピックID2 トピック名3:トピックID3 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ です。:の前後に空白は入れないで下さい。 ご自分のトピックIDがわからない方は前回の記事を参考に調べて下さい。 また、前回の記事と同じようにClippyフォルダにトピック名とIDを保存してる場合は、以下のアクションをClippyに登録すれば、簡単に先程の形式に変換できます。 タイトル:コンテンツ形式コピー Clippyフォルダからタイトル:コンテンツ形式に変換▼トピックが保存されたフォルダでセルを長押しして、タイトル:コンテンツ形式コピーをタップ ▼タイトル:コンテンツ形式でコピーされました。 ▼複数ある場合は同様にして繰り返すと、Clipboardに保存されるので、左上の編集をタップ ▼複数選択して下のCopyをタップすると、複数まとめてコピーされます。 ▼Workflowレシピの変更箇所を全選択してペーストすればOKです。 レシピの仕様本レシピでは選択したトピックに、以下の2つのタイプで投稿できます。 Memo複数行ある場合は、複数のトピックとして投稿します。Note•複数行ある場合は、1行目をタイトルにして2行目以降をコンテンツとして投稿します。•httpで始まる場合にURLと判断します。その場合は、URLからタイトルを取得してタイトルにして、2行目をURLにして投稿します。 使ってみるWebページをSafari等のExtension対応アプリから起動すればURLを渡します。 テキストのページをメモ帳のようなExtension対応アプリから起動すれば1行目をタイトルにして2行目以降をコンテンツとして渡します。 WebページをExtensionでここではSafariからExtensionで起動する例を紹介します。 ▼Handyflowyに送りたいページを開いて、下の共有ボタンをタップして、Run Workflowをタップ ▼Send to Handyflowyをダブルタップ ▼投稿したいトピックを選択して(ここではメモ)、投稿するタイプ(ここではNote)をタップ ▼Handyflowyの指定したトピックが開くので下の「+」をタップ ▼ペーストすれば投稿されます。 テキストをExtensionでメモ帳に書いたテキストをExtensionで転送する場合で説明します。 ▼メモ帳の下の共有ボタンをタップ ▼Run Workflowをタップして、Send to Handyflowyをダブルタップ ▼トピックを選択して、投稿タイプをNoteにしてHandyflowyにペーストすれば ▼投稿されます。 ▼ちなみに、投稿タイプをMemoにすると ▼1行1トピックとして投稿されます。 クリップボードから投稿本レシピはExtensionからだけではなく、コピーした後に本レシピを実行しても同様の動作をします。 特に説明はしないので、試してみて下さい。 最後に如何でしょうか? トピックを指定して開けるのですぐペーストできるし、URLもタイトル付きで投稿できるので便利だと思います。 お試し下さい。 紹介したアプリ HandyFlowy 1.1 分類: 仕事効率化,ユーティリティ 価格: 無料 (Michinari YAMAMOTO) Workflow: Powerful Automation Made Simple 1.4.5 分類: 仕事効率化,ユーティリティ 価格: ¥360 (DeskConnect, Inc.) Clippy 〜いろんなアプリと連携してコピペ作業を効率アップ! 1.9.4分類: 仕事効率化,ユーティリティ価格: ¥120 (Katsuhide Koga) happyChappy(@happyChappy1115)でした。 Sponsored Link Posted from するぷろ for iOS.