Raspberry Pi3をノートPCで使えるようにしてみた 〜ノートPC接続編

前回 Raspberry Pi3(以下ラズパイ)を初期設定するまでの手順を紹介しました。 Raspberry Pi3をノートPCで使えるようにしてみた 〜準備編 前回のままだと、毎回ディスプレイやキーボード、マウスが必要なので何かと不便です。 そこで今回はラズパイをノートPCだけで使えるようにする手順を紹介します。(^^) ラズパイとノートPCを接続 前回接続したmicroUSBの電源ケーブルを外して、HDMIケーブル、USBキーボード、USBマウスを外します。 次にラズパイとノートPCをクロスLANケーブルで繋いで、TTL-232R-RPIをノートPCのUSBポートに繋ぎます。 TTL-232R-RPIのラズパイ側は、ポートピンの6番に黒、8番に黄、10番に橙を接続します。 ▼以下を参考にして下さい。見えにくいかもしれませんが、2列あるピンの基板端側の端から3ピン目が6番ピン、4ピン目が8番ピン、5ピン目が10番ピンになります。 TeraTermで通信できるようにする インストール ラズパイとノートPCはTeraTermでやり取りします。以下からTeraTermをダウンロードしてPCにインストールして下さい。 「Tera Term」定番のターミナルエミュレーター - 窓の杜ライブラリ PCのUSBポートナンバーを調べる Windows10で説明します。 ▼Windowsアイコンを右クリックしてデバイスマネージャーをクリック ▼ポート(COMとLPT)をクリックするとUSBが接続されているポート番号が表示されます。このポート番号を覚えておきましょう。 TeraTermにシリアルポートを設定する ▼TeraTermを立ちあげて、デフォルトと違うポートに接続されてる場合は以下のようなエラーが表示されます。 ▼その場合、設定→シリアルポートをクリックして、先程のポート番号に変更して、ボーレートを115200にしてOKをクリックします。 ▼設定→設定の保存をクリックして、保存をクリックします。 ▼TeraTermの画面でEnterを入力すると、以下のように表示されるので、login名にpi、パスワードに前回設定したパスワードを入力してEnter ▼以下のようにプロンプトが返ってきたら、ラズパイとの通信成功です。 この画面はラズパイのTerminalが表示されてるのと同じです。 このままでは使いにくいので、RealVNCを使ってラズパイのGUIを表示できるようにするため、ラズパイのIPアドレスを調べます。 ▼TeraTermにifconfigと入力してEnter ▼eth0のinetの数字をメモっておきましょう。 TeraTermではAlt+Cで文字列をコピー出来るのでそれでもOKです。 これでTTL-232R-RPIケーブルは不要になるので、外しても構いません。 ▼TeraTermのファイル→新しい接続をクリックして、ホストに先程メモったIPアドレスを入力してTCPポートを22、SSHバージョンをSSH2にしてOKをクリック ▼ユーザ名にpi、パスフレーズに前回設定したパスワードを入力してOKをクリック ▼左上にIPアドレスが表示されればOKです。これでSSH接続されました。 RealVNCのインストール このままだとクロスLANケーブルだけでラズパイのTerminalが表示されるようになっただけです。 Terminalの画面だけだと不便なので、RealVNCを使ってGUIで作業できるようにします。そうすればラズパイの画面を表示してPythonをプログラムしたりできるので便利です。 以下からRealVNCをダウンロードしてPCにインストールして下さい。 Real VNC 日本語インストール版 - ダウンロード ▼ラズパイでRealVNCが使えるように、TeraTermでtightvncserverと入力してEnterすると、以下のように表示されます。これでRealVNCを使う準備が出来ました。 ▼RealVNCを立ち上げてラズパイのIPアドレスを入力して、その後ろに「:5901」を追加してOKをクリックしてパスワードを入力してOKをクリックすると ▼PCでラズパイのGUIが表示されます。 ラズパイのPythonプログラムをPCから実行してみる Hello World!を表示するPythonスクリプトを作る ▼ラズパイGUIでフォルダアイコンをクリックして、お好きなフォルダで右クリック→新規作成→フォルダでプログラムを格納するフォルダを作る ▼私はDocumentsフォルダの下にPythonScriptフォルダを作りました ▼そのフォルダの中で右クリック→新規作成→空のファイルをクリックして、ファイルを作ります ▼ファイルをダブルクリックして、以下のようにスクリプトを書いて保存 このままRUNを実行すれば、ラズパイのGUI上でスクリプトが実行されますが、ここではTeraTerm上で実行する方法を紹介します。 Pythonスクリプトを実行するファイルを作成 ▼以下のようなファイルを作成し、デスクトップなどに保存 上記cd以降はPythonスクリプトを保存したフォルダ、python3以降は保存したスクリプト名にして下さい。 ▼上記ファイルをTeraTerm画面にドロップすれば、スクリプトが実行されます。 最後に これで、ラズパイとPCをクロスLANケーブル1本だけで接続して制御できるようになりました。 ラズパイはI2CやSPI他のインターフェイスに対応してるので、いろんな機器を制御できるし、仕事のちょっとした検討にも使えそうです。(^^) happyChappy(@happyChappy1115)でした。 Sponsored Link Posted from するぷろ for iOS.

Raspberry Pi3をノートPCで使えるようにしてみた 〜準備編

Raspberry Piって ご存じですか? 小さくて安いお手軽超小型PCボードですね。 ↓単品 Raspberry Pi 3 MODEL Bposted with カエレバ Raspberry Pi 2016-05-31 Amazon楽天市場 ↓電源アダプターセット ラズベリーパイ3 (Raspberry Pi 3B made in JAPAN) 技適対応 日本製 + 5.1V/2.5A ラズベリー財団公式アダプタ 【本体+アダプタ セット品】posted with カエレバ Raspberry Pi Amazon楽天市場 ↓スターターキット(全部入り) ABOX Raspberry Pi3 Model B ボード&専用ケースセット ラズベリーパイ 3 モデル B 32GB(class 10) 豊富な付属品 日本語説明書 ブラックケース【本体+コンプリートスターターキット】posted with カエレバ GooBang Doo Amazon楽天市場 私は電源アダプターセットにしましたが、microUSBの電源アダプターをお持ちの方は単品でいいと思います。 Raspberry Piは学習用途で作られてて小学生でも簡単にプログラミングができるように、Scratchが使えるようになってます。例えば... 夏休みは「ラズパイ3」で電子工作&プログラミング【前編】 - 日経トレンディネット でも、だからと言って子供用のおもちゃという訳ではなく、C++やRuby等の色んなプログラミング言語も使えて、Pythonも当然使えます。 SPIやI2C、UART等の通信も出来るので、仕事でも色んな機器を制御できそうです。 本体はデジタル入出力にしか対応してませんがポート数は多いし、アナログも対応したければオプションボードも売られてるので安心です。(^^) ということで今回はRaspberry Pi3(以下ラズパイ)をノートPCに繋げて、ラズパイ内に作ったPythonScriptをノートPCから実行して、ノートPCにまずは「Hello World!」を表示するところまでやってみようと思います。 用意するもの 最初はラズパイとノートPCをシリアルケーブルやLANケーブルで接続するだけで立ち上げようとしましたが、どうもラズパイの初期状態ではシリアルやSSHの設定がアクティブになってないようでした。 なので初期設定をするまでは、元々の立ち上げ手順通りにディスプレイ(TV)をHDMIケーブルで接続し、USBキーボードとUSBマウスを接続することにしました。 Amazonベーシック ハイスピード HDMIケーブル ...

Twitterアプリ「feather」の内部ブラウザーが共有でURLを渡せなくなった?

皆さんは Twitterアプリって何を使ってますか? 私は色々使ってみた結果、featherというTwitterアプリに落ち着きました。 アイキャッチ画像を背景に出来て見やすいのでオススメです。 ▼こんな感じです。 でも、いつからか 内部ブラウザーの共有で渡すのがURLではなくて、タイトルになってしまったようです。(私の設定が悪いのか、知らないだけなのかなぁ?) 例えば、私は気になるブログを見つけたら、拙作レシピ「DayOne2に送る」で記事のタイトルとアイキャッチ、URLをDayOne2に送って、あとから読めるようにしてました。 視認性がいいのでオススメのレシピです。 ▼こんな感じになって、あとから読むことができます。 「DayOne2に送る」の詳細は以下の過去記事をご覧下さい。 DayOne2をPocketのようにするWorkflowレシピ「DayOne2に送る」に機能追加したので紹介します! でも最近... ▼右上の共有をタップしてRunWorkflowをタップして ▼DayOne2に送るをタップすると ▼URLが渡されてないので、こんなメニューが出るようになってしまいました。 これではDayOne2に送れないので、最近は仕方なく、 ▼一旦URLをコピーして再度RunWorkflowを起動してました。2度手間です。(><) ▼ ちなみにRunWorkflowではなく、普通にDayOne2を選択してもタイトルしか渡せないのが確認できます。 これではDayOne2に送っても、あとから読めないので意味がありません。(><) でも、外部ブラウザーの設定にしてSafari等からレシピを起動すればOKです。 featherを外部ブラウザーに設定 ▼feather下の部分を右にスワイプして、設定をタップ ▼詳細設定をタップして外部ブラウザーをタップ ▼リンクを外部ブラウザで開くをONにして、例えばSafariをタップ 外部ブラウザーの設定はこれでOKです。(^^) ▼featherでリンクをタップすると ▼Safariが立ち上がるので、共有をタップ ▼RunWorkflowをタップして、DayOne2に送るをタップすると ▼ちゃんとDayOne2に保存されます。 これでまた、あとで読むことができるようになりました。(^^) 最後に 外部ブラウザーだといちいちSafari等が開くので、出来れば内部ブラウザーにしたいんですけど、URL共有が使えなくなるよりはマシかなという感じです。(^^; バージョンアップで対応してくれるといいんだけどなぁ。 紹介したアプリ feather for Twitter - 軽快なツイッターアプリ 3.9.0分類: ソーシャルネットワーキング,ライフスタイル価格: ¥360 (covelline, LLC.) happyChappy(@happyChappy1115)でした。 Sponsored Link Posted from するぷろ for iOS.

Textwellのプレビュー表示をBlogViewからReCardに変更したらイイ感じになった!

皆さんは Textwellでモブログする時のプレビューってどうしてますか? 標準アクションのBlog Previewやjazzzzさん (@jazzzz2012)作のBlogViewなどがありますね。 私は今までjazzzzさんのBlogViewを使ってました。これはプレビューしながら文章を編集出来るのでお気に入りで、拙作のTagMakerやListMaker等のアクションを実行したあとに即プレビュー確認できるように自動でBlogViewを起動するようにしてました。 でも先日 jazzzzさんがReCardというアクションを公開されました。 アクションは以下のjazzzzさんのブログからインポートして下さい。 ドラッグ&ドロップできるTextwell用HTMLプレビュー ReCard - W&R : Jazzと読書の日... このアクションは、BlogViewのようにプレビューしながら文章を編集できるし、指のスライドで簡単にカーソル移動できるし、昔私がお気に入りだったエディタアプリRowLineのようにプレビューしながら行単位で移動することができます。 今までのBlogView対応アクションをReCard対応にする 例えばTagMakerの場合で説明します。 ▼左上のアクションボタンをタップして、左下の編集をタップ ▼TagMakerをタップして、ソースをタップ ▼nextAction=BlogViewのBlogViewを選択してReCardに書き換えて完了をタップ これでTagMakerを実行したら、自動的にReCardが起動します。 実際にやってみると... ▼タグ付けしたい文章を選択してTagMakerをタップ ▼タグの種類を選択して、実行をタップすれば ▼ReCardでプレビューされます。 文章を編集したい場合 ▼軽くタップすれば編集可能だし、そのまま指をスライドすればカーソルが移動します。 jazzzzさんのブログではエディタモードと呼んでます。 行単位で移動したい場合 ▼長押ししてドラッグすれば行単位で移動できます。 最後に まるでTextwellが最初からこういう機能があるアプリかのような動作です。 特に行単位の移動は凄くて、写真を移動した時は感動しました。(^^♪ これでまたモブログが捗りますね。(^^) jazzzzさん (@jazzzz2012)はいつも素晴らしいアクションを公開されてて感謝です。(。>▽<。)ノ 紹介したアプリ Textwell 1.8.3分類: 仕事効率化,ユーティリティ価格: ¥360 (Sociomedia) happyChappy(@happyChappy1115)でした。 Sponsored Link Posted from するぷろ for iOS.

ツイートの動画をiPhoneのカメラロールに保存する方法を紹介します!

みなさんは TwitterのTLにあるGIF動画等をダウンロードしたいと思ったことはありませんか? 可愛いペットの動画やハプニングのおもしろ動画等気になる動画がよくありますよね? そんな時に簡単にiPhoneでダウンロードできる方法を紹介します! と言ってもYoutubeの動画をダウンロードするのと同じで、iPhoneアプリのClipboxを使うだけなんですけどね。(^^; Clipbox 4.3.8分類: ユーティリティ,仕事効率化価格: 無料 (KGC) 使ってみる 基本的にはツイートや動画のURLをコピーして、Clipboxで開くだけですが、アプリによってはツイートや動画のURLのコピーがわかりにくいのもあるので説明します。 Twitter標準アプリの場合 このアプリからはツイートのURLコピーや動画のURLコピーができないようなので、一旦Safariを開きます。 もしコピーできるなら以下のURLコピーの部分は不要です。その場合はClipbox起動からご覧下さい。 ▼TLの動画を長押し(個別のツイートからでは出来ないようです) ▼共有からSafariで開きます ▼Safariの共有からコピーをタップ これで動画のURLがコピーされました。 あとはClipboxで動画をダウンロードします。 ▼Clipboxを立ち上げて、クリップ→ブラウザをタップ ▼アドレス欄にペーストして右下の赤枠をタップ ▼一旦再生して止めて、+をタップ ▼Are you ok?→Really?をタップ ▼ファイル名を入力してOKをタップすれば、Clipbox内に保存されるので「戻る」をタップ ▼マイコレクション→Actionsをタップ ▼保存したい動画を選択して、カメラロールをタップ ▼カメラロールに保存されるので、タップすれば再生されます。 featherの場合 ▼動画のリンクを長押しして、コピーをタップ featherはこれだけで動画のURLがコピーされます。 ▼あとは同様にすれば、カメラロールに保存できます。 SmartNews等に埋め込まれたツイートの動画の場合 ▼ツイートの動画を長押しして、コピーをタップ ▼Clipboxのクリップ→ブラウザのアドレス欄にペーストして、右下の赤枠をタップ ▼ツイートが表示されるので、一旦再生して止めて、下の+をタップ ▼「Are you ok?」「Really?」をタップ ▼ファイル名を入力してOKをタップ ▼保存されたので、あとは同様にしてカメラロールに保存して下さい。 最後に いかがでしょうか? これで気になったツイートの動画も簡単にダウンロードできます。(^^) ちなみにiOS10での確認なので、iOS11でも同様に出来るかは不明です。m(_ _)m 是非皆さんもお試し下さい。 紹介したアプリ Clipbox 4.3.8分類: ユーティリティ,仕事効率化価格: 無料 (KGC) Twitter 7.7.2分類: ニュース,ソーシャルネットワーキング価格: 無料 (Twitter, Inc.) feather for Twitter - 軽快なツイッターアプリ 3.9.0分類: ソーシャルネットワーキング,ライフスタイル価格: ¥360 (covelline, LLC.) スマートニュース - 朝1分のニュースが人生を変える 5.0.5分類: ニュース価格: 無料 (SmartNews, Inc.) happyChappy(@happyChappy1115)でした。 Sponsored Link Posted from するぷろ for iOS.